お店への最短お届け日は
11月19日(火)です

ゲストさんこんにちは!

カート0 合計 0 円 あと「16,500 円」で送料無料!

合計 0 円

現在カート内に
商品はございません。

Menu

  1. TOP
  2. BEL'S WINE オンラインショップ
  3. 【コラム】 BYOってなに?

【コラム】 BYOってなに?



飲食店でワインを楽しむとき、お店のメニューにあるワインをオーダーするのが一般的ですが、
自分の好きなワインをお店に持ち込んで楽しむこともできます。それが「BYO」というシステム。

アルファベットの読み方で「ビー・ワイ・オー」と読み、「Bring Your Own」の略です。

ワイン持ち込み独特の表現ではありませんが(実際「Bring Your Own Book」というボードゲームがあったり、
一般用語としても時々使われています)、
BYOと言うと、「レストランに、ワインを、持ち込んで楽しむ」ことを指すワードとして定着してきました。

もともとオーストラリアで、アルコール販売の免許を持たない飲食店がサービスの一環として始めたものでした。
現在では、免許の有無を問わず、広くオーストラリア中に広がって一つのワイン文化となっています。

そして、オーストラリアのみならず、日本でもじわじわ広がりつつある習慣になっています。
持ち込む時の注意点、BYOの楽しみ方を知って、より充実したワインライフを過ごしてみませんか?

誰でもBYO

BYO、つまりワインをレストランに持ち込むことに大層な理由はいりません。

職場の仲間といつも飲みに行く居酒屋に持ち込んでもいいし、休日のデートで1本持ち込んでもいい。
彼氏がカバンからワインボトルをさっと出したら、なんか、かっこいい。
家族で気軽な外食、仲良し4人組の定例ご飯会、一人で毎日行くバー…常連仲間に振舞ってもステキ。
ということで、実は、なんでもOKなんです。

ワインと料理のマリアージュを楽しむ

最近はいろんなジャンルの料理にワインを合わせて楽しむ人も増えてきました。
フレンチやイタリアンだけじゃなく、寿司屋でも焼鳥屋でも中華料理屋でも、ワインを取り揃えているお店も増えています。
増えてはいるけど置いていないお店もある---そんなお店でワインを楽しみたい!と思ったら「BYO」です。

例えば、お好み焼きとワイン。例えば、インドカレーとワイン。例えば、サムギョプサルとワイン…
意外なAとBを掛け合わせることで、面白い出会いがあるかもしれないし、新たな発見があるかもしれない。
そんなことにワクワクしながら、気心知れた仲間と食事を楽しむ。BYOならではの楽しみ方だと思うのです。

また、飲食店に置いているワインは、基本的にはお店のお料理に合わせて、ハズさないものをセレクトしています。
王道ペアリングじゃない、実験的なペアリングをやってみたい!とか、思ったらBYOで楽しんで!

たまたま雑誌だかサイトだかで見かけた「肉厚ビーフステーキと白ワイン」のペアリング。
「アリ」って言うけどホントかよ…と半信半疑。
肉厚ビーフは家では焼けないし、怖いもの見たさも手伝ってステーキハウスに持ち込んじゃいました、シャブリ・グランクリュの熟成モノ!
なんていうのもBYOならではですね。

ワインに詳しくないと持ち込めない?

ワインを持ち込むなんてツウっぽい…なんて腰が引ける必要はまったくなし!
むしろワイン初心者こそ、利用したいサービスだと思うのです。

巷によくある本やサイトに、「レストランでスマートにワインを注文する方法」とか
「レストランでワイン選びを失敗しないために知っておくべき5つのこと」といった記事をよく見かけます。

よく見かけるということは、それだけ飲食店でワインを選ぶのが難しいということ。

最近では、そのワインの味わいなどが記載されているメニューも増えましたが、
まだ、ワインの名前と生産者と生産地(国など)、生産年などしか書かれていないメニューも見かけます。


選べない。
価格しか選択肢ないよ。。。


ぼそっとつぶやきたくなる気持ち、わかります。

そんな時は、予算と好みの味を言って、ソムリエに選んでもらいましょう!
なんてことが「レストランでワイン選びを失敗しないために知っておくべき5つのこと」には書いてあったりしますが、
味を言葉で伝えるのって、なかなか難しい。

だったら最初から、自分の好きなワインを持って、飲食店に入ればいい。
好きなワインなんてない、わからない、という場合は《Bels Wine Closet》のAIソムリエに頼るのもアリです。
味わいチャートでワインを分類。好みの味わいを言語化できなくても大丈夫です。
味の好みもわからない、という場合は、人間のソムリエが選ぶおすすめ特集から1本選択するのもいいでしょう。

BYOは、飲食店に入って、よくわからないメニューと暫くにらめっこ、なんていう時間の無駄使いをせず、
ワインと料理の美味しさ、また気心知れた仲間や大切な人との会話を楽しむ時間を増やすことができます。


≫ 価格帯別BYOおすすめワイン「プロがおススメ! 予算別 Must Buyワイン」
≫ BYO歓迎!持ち込みワインを直送できるお店