お店への最短お届け日は
12月3日(木)です

ゲストさんこんにちは!

カート0 合計 0 円 あと「16,500 円」で送料無料!

合計 0 円

現在カート内に
商品はございません。

Menu

  1. TOP
  2. BEL'S WINE オンラインショップ
  3. 私のおすすめ BELS WINE の松・竹・梅  Vol.2 池上 大暉

私のおすすめ BELS WINE の松・竹・梅  Vol.2 池上 大暉




「BELS WINE CLOSETオンラインショップ」が取り扱うワインの中で、ショップスタッフが「超」厳選した3本を「名刺代わり」としてご紹介します。

今回は、池上 大暉の「名刺代わり」ワインの”松竹梅”。

厳選3本は、お気に入りのトップ3ではなく、シーン別に選んだ3種類です。
低価格帯で普段飲みの「カジュアルワイン」、ちょっと贅沢したいときの「奮発ワイン」、お祝い事や背伸びしたいときの「とっておきワイン」。加えて今回は、趣味は魚屋さん巡り、というくらい、大好きな魚料理に合わせて楽しみたいワインをテーマにセレクトしました。 様々なシーンでお試しいただけると幸いです♪


Vol.2 池上 大暉(ワインエキスパート)
ワイン歴は6年。食とお酒、気になるものは片っ端から試します。ワインならばグランヴァンからコンビニワインまで、食事ならば星付きフレンチから立ち飲みまで守備範囲は広く、好奇心旺盛な27歳。
好みとしては、上品で飲み疲れない味わいの繊細なワインが好き。ワインは底知れない奥深さと、飲む人を幸せにできることが魅力的。

その他の所有資格:SAKE DIPLOMA

池上 大暉 おすすめの”松竹梅”

◆松:2009 ブラン・ド・ブラン・ヴィンテージ/ポル・ロジェ

<フランス/シャンパーニュ地方、スパークリングワイン/辛口-ミディアムフル>

ポル・ロジェと言えば英国王室御用達で有名なシャンパーニュ・メゾン。
2018年のロイヤルウェディングで目にした方もいるのではないかと思います。
そうそうイギリスの政治家、ウィンストン・チャーチル氏を題材にした映画の中でも、主人公がよく飲んでいました。なにせ、ラインナップの中に氏の名前を冠した"サー・ウィンストン・チャーチル"という特別な上位キュヴェがあるぐらい、縁の深いメゾンなんです。

前置きはさておき、なぜこの1本をオススメしたいかを一言でいうならば、熟成した特級畑のシャルドネの醍醐味を味わえる1本だから。
このシャンパーニュは、柑橘系を中心とした複雑な香り、口に含むと繊細でクリーミーな泡立ち、熟成によるブリオッシュやバターのようなニュアンスを含んだ果実味を持ち、そして余韻もとても長いんです!
実は、私、ワインを飲み始めた頃、重厚な果実味が感じられるブラン・ド・ノワールの方が好みでした。しかし、このような熟成した美味しいブラン・ド・ブランを飲んでから一気にイメージが変わり、好んで飲むようになりました。
今の季節に海の見えるテラス席で優雅に飲みたい、そんな1本です。プレゼントにも◎

これに合わせるなら、帆立のバターソテーがオススメ。帆立のミネラル、旨味とバターの風味が楽しくシャンパーニュに寄り添ってくれるでしょう。

◆竹:2014 バイオダイナミック・グリューナー・フェルトリーナー/ステファノ・ルビアナ

<オーストラリア・タスマニア島、白ワイン/辛口-ミディアムライト>

グリューナー・フェルトリーナーとは白ワイン用のブドウの名前です。
あまり馴染みがないこのブドウ、柑橘のニュアンスやミネラル感があり、爽やかな香りとどこか日本酒を彷彿させるような旨味のある果実味を持ったワインに仕上がります。主に、ヨーロッパのオーストリアで栽培されている品種です。
個人的には白ワインの中では1番好きなブドウ品種です。最近、私の周りのワインユーザーの間でもじわりじわりと人気になって来ているように感じます。

しかしながら、今回ご紹介するのはなんと南半球にあるオーストラリアで造られるワインなんです!このワインは前述のような品種のの個性がありながらも、香りはよりアロマティックでスパイシー。そして、ほんのり甘味を感じる、厚みのある柔らかな果実味があります。
バランスが良いので単体でも楽しめますし、組み合わせが珍しい品種×生産国なのでワイン会での受けもいいこと間違いなし!

そうですね・・・。このワインに合わせるなら、白エビの天ぷらはいかがでしょう?
ワインの持つクリスピーな酸と天ぷらのサクサクした食感、白エビの甘味と果実味の柔らかさが同調し、お互いを引き立て杯が進むマリアージュ。さらに柑橘類を絞ってから塩で食べると、より美味しさが際立ちます。

◆梅:2017 コート・ド・ブルイィ・レ・セット・ヴィーニュ/シャトー・ティヴァン

<フランス/ブルゴーニュ地方、赤ワイン/辛口-ミディアムライト>

ガメイという品種を知っていますか?ガメイ好きな愛好家の事を一部では「ガメラー」と呼ぶ名前があるぐらいその虜になってしまう人もいる、私も大好きなブドウ品種です。
このブドウで造られるワインは、ベリー系のチャーミングな香りが豊かで、どんどん飲んでしまうような果実味と優しいタンニンを持った、魅力的でジューシーな赤ワインに仕上がります。

実はよく行くワインバーで、このワインを銘柄を知らされずに出されたことがあります。その時はエレガントで骨格のある果実味に驚き、違うブドウ品種のワインだと思いました。そしてそれがガメイから造られたことを知った時、世の中にはこんなワインがあるのだなと大きな衝撃を受けました。さらに、ワインの価格を知ってびっくり!そこから、この品種が一気に好きになり、私もすっかり「ガメラー」になってしまいました。

このワインと合わせるなら藁焼きの鰹のたたきがいいですね。鰹とワインに共通する鉄のようなニュアンスがお互いの味わいに相乗効果をもたらします。このワインが持つ、ベリー系の果実味は醤油風味の相性も良いですよ。